種類が豊富!お酒が飲めない人におすすめのカクテルレシピ

種類が豊富!お酒が飲めない人におすすめのカクテルレシピ

07/05 19:00

お酒弱い方必見!
新年会で無理にでも飲まないといけないとかマジ無理!そもそもアルコールが無理!
そんな方に朗報です!
今回はノンアルコールだけに焦点を当てました!
実は身体にいい?!アルコールなんて入ってなくてもハイテンションになれる?!
さらに!カクテルで飲むノンアルコールビールの美味しい飲み方などなど!
ノンアルコール飲料に関してご紹介していきます♪

ノンアル豆知識
ノンアルコール(アルコールテイスト飲料)とは?


一般的にアルコールが0.05%以下と言われています。アルコールはないわけではない…が、限りなく0%に近いもの。なのでソフトドリンクとよく間違えられます!
「ソフトドリンクにはアルコールが一滴も入ってなくて、ノンアルコールには”アルコールが僅かに含まれる」
ということです!

ノンアルコールの種類
甘酒

スパークリングワイン

カクテル

酎ハイ

日本酒

焼酎

シャンメリー

ビール

梅酒

ウイスキー


現在お酒として扱われている種類の殆どが、ノンアルコール飲料として多く販売されています!
では、アルコールと違い、ノンアルコールにはどんな良い点、あるいは効果があるのでしょうか…?

ノンアルコールの良い点・効果は?
アルコールが苦手な人や飲みたいけど飲み過ぎは…という人も飲みやすい♪


アルコール飲料にありがちな「苦味」や「糖質」等の「カロリー」を気にすることのないものが多いです♪
「ビールが飲みたいけど、昨日飲みすぎたしなぁ…」
という人も、気にすることなく飲めますね♪

妊婦さんにも安心♪


アルコール分が限りなく0%に近いので、妊娠中の女性も心配なく飲んで楽しむことが出来ます♪
(だからといって、アルコール成分は全く無いわけではありません!飲み過ぎには注意です!)

健康に良い影響が!?


・アルコールが殆ど含まれていない
・中にはビタミン、ミネラル等含まれている飲料あり
・炭酸による血行促進

ダイエットにも効果的♪


ノンアルコールには身体にいい影響をもたらすように考えられて作られているものがあります。
例えばノンアルコールビールには「GABA」という、脂肪を燃焼しやすくしてくれる成分が含まれていることも!

ノンアルコールと一口に言っても、様々なものがあります。
ここからは、お家でも簡単にできる、ノンアルコールカクテルについてご紹介します!

カクテルに使われる材料について
アンゴスチュラ・ビターズ


リキュールに分類される、カクテルの材料。
リンドウやハーブ、スパイスから作られた苦味酒です。
後述するカクテルのジントニックやフロリダに少量を加えることで、辛さと苦味をプラスすることができます♪
(リンドウ科の植物には苦味成分があり、適量を摂取することで古くから健康にも良い影響を与えると言われています。)

グレナデン・シロップ


ザクロジュースと、砂糖と水で作ったシロップを混ぜ合わせたもの。
カクテルの味を深めたり、カクテルの色に赤を加えるために使われたりします。
ザクロに含まれるポリフェノールは赤ワイン以上に豊富なので、動脈硬化などの生活習慣病の改善にも役立ちます。
近年では、ザクロではなく木苺・カシス・エルダーフラワー等の果汁や香料を使用しているものもあり、市販されているので、購入して好きなドリンクに混ぜ合わせるのも◎

ライムエイド


ライム果汁に砂糖を加えて天然水で割った、カクテルの材料でありそのまま飲むこともできます。
天然水を炭酸に変えて、スパークリングにも。

ノンアルコールのカクテル
カクテルとは

お酒をそのまま飲むという「ストレート」に対して、 基本の飲み物をベースに、お酒もしくはソフトドリンクを混ぜ合わせる飲み物のこと。
「~サワー」「~チュウハイ」と呼ばれるものも、カクテルに分類されます。

お家でできるノンアルコールカクテルの紹介


・シンデレラ
(材料)
オレンジジュース:レモンジュース:パイナップルジュース
111
の割合でグラスに注ぎます。
ノンアルコール代表格のカクテルです。


・フロリダ
(材料)
オレンジジュース:レモンジュース
11
の割合でグラスに注ぎます。
爽やかでとても飲みやすいカクテル。
これにアンゴスチュラ・ビターズを使うことも。


・サングリア(ノンアルコールバージョン)
(材料)
オレンジやキウイ、りんごなどのカットフルーツ+ぶどうジュース
これを半日~1日寝かせて出来上がり。
アルコールで飲みたい人は、ぶどうジュースを赤ワインで。


・シャーリー・テンプル
(材料)
ジンジャーエール+グレナデンシロップ+レモンスライス
レモン爽やかさとジンジャーエールの辛さ、シロップの甘さが程よくマッチした飲み物。


・ジントニック
(材料)
ジン:トニックウォーター
=1:3
大麦、ライ麦、じゃがいもを原料とした蒸留酒のジンをベースに、
炭酸水に香草類や柑橘類の果皮のエキスと糖分を加えて調整した、清涼飲料水のトニックウォーターを加えたカクテル。
ライムを絞って加えたり、アンゴスチュラ・ビターズを加えるとさらに辛口になります♪


・サラトガクーラー
(材料)
ジンジャーエール+ライム果汁+ガムシロップ
ノンアルコール版のモスコミュール、それがサラトガクーラー。
夏に飲めば、暑さも吹き飛びそうですね☆


・マルガリータ
(材料)
凍らせたライムエイド+オレンジジュース+グレープフルーツジュース(加糖なし)+
(作り方)
グラスの淵をライム汁で湿らせて荒めの砂糖を付けておく。
上記の材料をブレンダーでブレンドし(フローズン状になります!)、グラスに注ぎます。
あとはライムの輪切りを飾るだけ♪


・アーノルドパーマー
(材料)
紅茶:レモネード
=1:1
で作ったものです。


・ラッシー
(材料)
ヨーグルト:牛乳
=1:1
砂糖とレモン汁を適量。
(作り方)
ヨーグルトをベースに材料を混ぜ合わせて、泡立て器などで混ぜ合わせて完成。

ノンアルビールのカクテル

ノンアルコールビールは、匂いや苦味が苦手、という人も多いと思います。
そんな人にノンアルコールビールでも美味しく飲めるカクテルを幾つかご紹介します♪

ヴァージン・シャンディガフ


ノンアルコールビールとジンジャーエールで作るカクテル。

カルーア・ミルク(ノンアルコール版)


ノンアルコールビールを使うことで、「カルーアミルクビア」というカクテルを簡単に作ることが出来ます♪
(材料)
ノンアルコールビール:缶コーヒー:低脂肪乳
=2:1:1
練乳:少量
氷:適量
※缶コーヒーは微糖。

いかがでしたでしょうか?
ノンアルコール飲料だけでこれだけの種類があり、カクテルも今回挙げたもの以外に非常に沢山の種類や作り方があります!
みなさんもぜひ、ノンアルコール飲料を楽しんでみてください♪
以上、ホスキン編集部からでした♪